汗が必要なものだと分かっていても…

人体の体温調節に必要なものだと分かっていても(理解していても)、現代人、特に異性を意識している人には「汗」とはあまりかきたくないものです。

特に「ワキガ」や「加齢臭」といった臭いは、臭いの公害ともいわれてしまいます。

私自身も、臭いには気を付けているのですが、自分の臭いには鈍いもので人知れず迷惑をかけているのでは、と思う事もしばしばあります。

特に汗で困った出来事は、電車で異性の隣に座ったときに思い出した「今日、制汗剤を付けていない!」という事でした。

そのときの、季節は夏であり、冷房の効いた電車内といえども、臭いを誤魔化すのは不可能に近いです。

諦めの境地でしたが、臭いについて一言も触れない紳士なお方で良かったとポジティブに思うことにしました。(それ以後、外出時に制汗剤を欠かすことのない様、戒めたのは言うまでもありません)

人間、生きていれば排泄物も出ますし、汗だってかきます。では、それらの生物的機能への対策はないのでしょうか?

そのヒントは生化学…特に菌類の本に書かれていました。

臭いのある汗はアポクリン腺というところから出ており、その他の汗は水に近いそうです。
アポクリン腺は脇や耳の後ろなどにあるそうです。全身、くまなく制汗剤を振りかけるのではなく、臭いがする箇所に入念に対処する必要がありそうです。
また、清潔にしようとして、石鹸やアルコールが多く含まれた消臭剤でごしごしするのは逆効果。

肌を痛めてしまい、痛めた箇所に雑菌が蔓延り、そこから悪臭が発生するという恐ろしいことにもなるそうです。何事もほどほど、というのがベストなのでしょう。

また、汗問題とは少々脱線しますが、洋服の臭いも気になる臭いの元です。
いくら洗濯しても落ちない臭いは、菌が残っている事がほとんどだそうです。

ハイター(漂白系洗剤)とは違い、色落ちしない殺菌用洗剤が販売されているので、それらを利用して臭いのストレスを軽減するのもいいでしょう。

※衣服の洗剤や制汗剤は、人や衣類の線維によっては痛める原因になることもあります。使用前に注意書きをよく読むようにしましょう。

汗はイヤだけど、ほんとはすごい

運動したり、暑い日などにヒトは汗をかきますよね。汗だくで、臭くなったりするし、いやだなぁと思うこともあると思います。汗はいったいなぜ出るんでしょうか。

まず、汗はどんなときに出るか思い出してみましょう。
先ほど挙げた運動したり外が暑いとき、緊張したりびっくりしたとき、あとは、辛いものを食べたときに出ますよね。

上がった体温を調節するために、汗という水分を身体の外に出します。皮膚の表面に出た汗は水蒸気となって空気中に飛んでいくときに熱を必要としますので、身体の表面の熱を奪っていきます。

ヒトの身体はだいたい36度ぐらいに保たれると、体内の細胞や器官が効率よく働けます。それに、免疫力も高まります。運動などで、身体に熱がたまると、それを逃がして体温を一定に保つために汗がでるという訳です。
もし、上手に汗をかけないと、身体の調子が狂ってしまいます。逆にスポーツ選手は、長い時間大量に汗をかくことができるのでバテにくいのですが、運動しなれていない人は、途中で汗が出なくなってしまうので、ダウンしてしまうのです。

汗をかくのは、哺乳類特有の機能です。沢山汗をかけるのは、ヒトとウマぐらいで、それ以外のイヌやトリは、呼吸を早くすることによって息から身体の水分を出したりする動物もいます。

また、緊張したときの汗は、昔の名残とも遺伝子の仕組みとも言われています。狩りをするときに緊張して手のひらに汗をかくと、槍などを握るときに滑りにくくなります。鉄棒をするときに、手に唾をつけて競技をしている人を見たことがありますが、それと同じような役割です。

このように、汗にはヒトが生きていく上で重要な役割を果たしていることがわかります。汗をかくのが不快に思ったときはこの話を思い出してみると、少しは気分が変わるかもしれません。