悩みに悩み抜いた顔汗・・・今ではウソのようです

私は子供の頃から、顔に汗を一番かいてしまいます。

なので化粧崩れはしやすく、これといった対策もなかなか見つかりませんでした。
お化粧直しをこまめにしても顔がすぐテカリ始め、油とり紙と紙おしろいは手離せません。
顔に出た汗を放っておくとファンデーションが滲んで、顔はまるで波を打った砂浜のようにまだら模様になるのです。

そしてちょっとでも油断すると脂ぎった顔になってしまいます。
油とり紙と紙おしろいの消費は、周りの人と比べて異常に早かったと思います。
若い頃、顔汗のせいで嫌だったのは夏に写真に写ることでした。

エアコンのきいた部屋の中でも私一人、顔がテカテカして写ってしまうからです。
油ぎっているせいで必要以上に顔が大きく見え、悲しい思いを何度となくしました。
人間の汗はどこかで集中して出る代わりに、出るのが少ないところもあると聞いたことがあります。

私の場合、なぜ顔なのかと本当に悩みました。
自分の結婚式の時もライトの熱さと緊張から顔の汗が止まらず、メイクさん泣かせの花嫁でした。

メイクさんだけではなく私も泣きたい気持ちでした。
お色直しの時に衣装を担当してくれた方が、胸の辺りをきつく締めれば汗が止まるからと言って、必要以上に紐のようなもので縛りました。

きつくて苦しかったけど、顔の汗はいつもよりだいぶん減りました。
そして衣装さんは、普段なら下着をきつくすればいいということを教えてくれました。
それからというもの、私はいつも下着をきつく締めています。

夏は汗のせいでかぶれるといけないので、ガーゼを巻き付けて対処しています。
そのおかげで顔汗はずいぶん減り、今ではあの時あんなに悩んでいたのがウソのようになりました。今でも結婚式で出会った衣装さんには感謝しています。まぁ今はピタッと顔汗を止めるグッズなんかも発売されているそうなので、あまり問題にならないのかもしれませんが^^